平成19年度学校経営案

 つくば市立大形小学校


1 学校の教育目標
「明るく・強く・楽しい学校」 元気に明るく自主的に学ぶ児童の育成

○ 自ら学び,自ら考える力の育成を図る。
・小規模校の特色を生かし,「授業力」の向上を目指して,学習指導法の工夫改善に努める。
・課題を見つけ自力解決を図る児童主体の授業を展開する。
・児童一人一人が自主学習や家庭学習ができる学習の習慣化を図る。
・基礎・基本の定着と個に応じた指導(児童の興味・関心等に応じた課題学習,補充的・発展的な学習)の充実を図る。
・複式学級において学習効果を高めるための単元構成・学習形態の工夫改善をする。
・体験的活動の場の確保をする。

○ 豊かな心と将来の夢をはぐくむ教育の推進を図る。
・道徳の指導法改善及び体験的活動の場の工夫をする。
・縦割り班活動,支え合う学級集団つくりを通して,思いやりの心を育てる。
・本校独自の教育活動や芸術的活動の機会を設ける等,感動体験の場を設定する。
・勤労体験やボランティア活動・福祉体験等の豊かな体験活動を積極的に実施する。
・読書活動の推進(朝の読書時間の設定やみんなにすすめたい1冊の本)を行う。
・生き物の世話を通して生命の大切さを学ぶようにする。

○ 健康や体力をはぐくむ教育の推進を図る。
・児童の発達段階や興味・関心を踏まえた創意ある体育学習を実践する。
・運動の特性にふれた楽しさや喜びが十分に味わえる指導法の工夫する。
・発達特性や運動の系統性を踏まえ,技能習得を目指した体育学習を行う。
・児童の実態や地域の特性を考えた学区運動会やなわとび大会,持久走大会を実施する。

 

*めざす児童像

お  大きな声で挨拶のできる元気な子
お 多くのことを学び,よく考える子
が  学校が楽しい明るい子 
た  たくましい心と体を鍛える子 

 

*めざす教師像

児童が大好きな教師親しまれる教師
共に学ぶ教師
人間性豊かな教師

 

*めざす学校像

楽しく生き生きした学校
明るくきれいな学校
礼儀正しい学校
地域,家庭に開かれた学校