夏休みも目前ですね!今日は,2時間目に文化交流教室がありました。

日本語教室に通う子ども達は,この日をずっと心待ちにしていました。

始めに,素敵な浴衣姿の日本語ボランティアさん達が,日本の文化や浴衣について説明してくださいました。

浴衣には,暑い夏を快適に過ごすための,知恵が詰まっていることが分かりました。

次は肝試しです。部屋を暗くして行った怪談に,子ども達も食い入るように聞き入っていました。

最後は,夏の風物詩のひとつ,風鈴づくりです。思い思いのシールを貼ったり,マニキュアで薄く色を付けたりと,工夫をこらした風鈴ができあがりました。

 

みんなで楽しく,日本の文化の良さを学ぶことができたようです!