どの作品もとても愛おしいものばかり。

目を輝かせて、「これは○○○で・・・」と真剣に説明する姿に、とても胸を打たれました。