5日、PC室で、6年生が2年生に、プログラミング学習の「プログラミン」という教材を使った活動について教えてくれていました。

以前にも記事にしましたが、今年度よりプログラミング学習は、小学校では必修となりました。そこで、6年生が2年生に力を貸してくれたわけです。

自信の表情の6年生。

真剣に話を聞く2年生。

とてもいい光景でした。

(この授業は、茎崎学園で力を入れている「小中一貫教育」の取組の一つである、異学年交流です。