6年生は、国語の授業で、「プログラミン」という教材を使用して、自分で考えた物語のアニメーションを作成するプログラミング学習に取り組みました。「この動物をここまで移動させたいんだけど・・・。」「あれ、思ったように動かないな。」「どうやってしゃべらせたの?ぼくにも教えて!」など、子ども達はお互いに教え合いながら自分の物語を作成しました。