家にいれば、あたたかくて美味しい食事が提供されます。子供たちにとっては、当たり前になっています。

しかし、宿泊学習では、そうはいきません。

座って待っている子に、「待っていては食べられないよ。」「みんなで用意しなきゃ」

ああ、そうか。。。

当たり前ですが、はじめて気づいた、、、というような子も少なくありませんでした。

ここは家と違う。だから、自分たちでやらなきゃ。。。

そうなると、子供たちは素早い。ご飯をよそる人、みそ汁をよそる人、お茶を注ぐ人、、、

自分のことは自分でやる!!

子供たちは、少しずつ自分でできるようになりました。

 

✳写真の後方に写っているのは、お茶を用意している子供たちですね。