消防署について学びました!(4年)


4月26日(木)4年生は午前中,つくば中央消防署を見学し,
消防署について学んできました。
最初に「出場訓練」を見せていただきました。これは毎日行っていることで,
いざというときのために
いつでも各種の車を出せるように訓練しているものです。
その後,消防署に勤務している人たちの服装について紹介していただきました。
空気が入っているボンベを背負い,
最前線で火を消している人の服を含めた装備の重量は20キロという話を聞き,
児童はびっくりした様子をしていました。

消防本部の中の3階に上がり,ビデオも見せていただきました。
どんなふうに消防署の中で働いているのかを知ることができました。

司令室や出動するために着替える場所も見学させていただきました。
3交代制になっていて,着替えを置いておくロッカーが回転し,
3人分の着替えがかけられるようになっている工夫を見た児童からは
驚きの声が上がっていました。

最後に,各種の消防自動車や人を助けるレスキューの訓練を
見せていただきました。
レスキューの訓練では,素早く壁を駆け上がったり,
救助者を持ち上げたりする訓練を見せていただき,
その速さに児童は驚いていました。


本日の学習は,児童にとって本物に触れるとても貴重な学習になりました。
つくば中央消防署の皆様,本日はお忙しい中,いろいろと説明していただき,
ありがとうございました。