どちらが速い?(6年算数)


9月6日(木)1校時,6年生は算数の学習に取り組みました。
今日は「速さ」の単元の最初の部分を学習しました。
進んだ道のりと時間が提示されている3種類から,
どれが一番速いと言えるか考えました。
時間がそろっているもの,道のりがそろっているものは,
簡単に比べられることを確認し,
どちらも違う場合はどうすればよいのかという課題に向かって
グループで考えました。1分あたりの道のり,1kmあたりの時間だけでなく,
最小公倍数を使ってどちらか一方をそろえるという考えも出てきました。
たくさんの考えを全員で共有することができ,
とても有意義な時間となりました。