社会体験学習として中学生2名が1日来校しました!


8月2日(木)
今日は朝から茎崎中学校の8年生2名が
社会体験学習として,本校に来校しました。
小学校教員の仕事を体験するということで,
本日だけですが1日本校で生活しました。

午前中は力仕事が中心で,
まず,クリーンセンターに運ぶごみを軽トラに積み込みました。

次に,多目的室脇の倉庫の中を整理し,
必要なものと必要でないものに分けました。
最後には,見違えるような部屋になり,やり切った満足感にあふれていました。

午後は,授業づくりに取り組みました。
6年生の9月からの算数の単元で,
「速さ」の導入の部分の授業を実際に考えました。

中学生2人で考えたものをもとに,
実際に黒板を使って模擬授業を行ってもらいました。
自分たちが立てた流れと違うように授業が進んでいまい,
授業の進め方の難しさも感じつつ,
自分が思った通りに進んだ時にうれしさを感じたことについて,
授業後の振り返りの時間に話してくれました。


最後に,今日のまとめをしている時,
「また,授業をしてみたい」という気持ちになったという感想が
聞かれたので,こちらとしてもうれしい気持ちになりました。
また,「仕事を甘く見ていた」「仕事って大変だ」と思ったという感想も
出てきていたので,勤労の尊さや厳しさも感じることができたのでは
と思います。
来校した2名の中学生の皆さん,本日はお疲れさまでした。
今日はゆっくり休んでくださいね。