民泊学習の次の日、外は雨です。水府地区は、天気までもが子どもたちを応援してくれたと感謝の気持ちです。昨日の別れ際、子どもたちが「水府地区、大好き❣」と言い続けていた言葉が聞こえてきます。受け入れ家庭の方々に感謝しながら、自分の家に戻り、今日は民泊での体験の話でもちきりでしょう。子どもたちの心に刻まれたすばらしい感動の2日間は、子どもたちにとって、とても大きな宝物となりました。この先ずっと、子どもたちを支えてくれるすてきな思い出となったはずです。本当にありがとうございました。