4年生は,29日(金)3校時に,NPO法人ままとーんのご協力をいただいて,「赤ちゃんが学校にやってくる!~いのちと出会う・感じる授業~」を行いました。

12組のゲスト親子(赤ちゃんとその保護者の方)がお越しくださり,各学級で赤ちゃんのお父さん,お母さんのお話を聞いたり,赤ちゃんと触れ合ったりしました。振り返りカードには,次のような素直な子供の気持ちが書かれていました。

・「最初は,赤ちゃんが泣いちゃうかなと心配だったけど,笑ってくれて安心した。」

・「赤ちゃんは,思ったよりずっしりと重かった。」

・「赤ちゃんは,やわらかくてあたたかくて,ずっと抱っこしていたかった。」

・「指を赤ちゃんの手にのせるとぎゅっと握ってくれて嬉しかった。」

・「私のうちにももう1回赤ちゃんが来てほしいなと思った。」

赤ちゃんを抱っこする時の少し緊張した,でも優しい眼差しがとても印象的な,すばらしい時間でした。

ままとーんのスタッフの方から,「みなさんにも,このような赤ちゃんの時があって,ここまで大きく成長してきたのですよ。」というお話がありました。小さかった自分が大きな愛情に包まれてこれまで大きく成長できたこと,誰もがこれからもよりよい自分に成長していけるということを,次の道徳で子供たちに感じてもらえたらと心から願っています。