6年生が「がん」について学びました。以前は「不治の病」として恐れられていた「がん」ですが,早期発見により治る病気であることは,6年生にとって新鮮であったようです。担任と養護教諭のティームティーチングにより,理解が進んだようです。