6月25日(水),本校の5年生の理科で,霞ヶ浦環境科学センターの出前講座「プランクトンの観察」が行われました。理科の単元「メダカのたんじょう」の中で,学習したばかりの顕微鏡を操作し,水中のプランクトンを実際に観察をしました。
  一人一台ずつ顕微鏡が用意され,動物プランクトン,植物プランクトンを各自プレパラートを作って観察。その後,自分で見つけたプランクトンをデジタルカメラを使って画像におさめました。子どもたちは,講師の先生の話を一生懸命に聞き,意欲的に取り組んでいました。教科書に載っているプランクトンを,自分の顕微鏡操作で自分の目で観察することができ,さらに教科書と同じような画像を撮ることができ,とてもうれしそうでした。