9月24日(土),茨城県メディア教育指導員連絡会の加藤様をお迎えして,情報モラル教室を実施しました。

ご講話の中から,ネットと現実世界のコミュニケーションは同じで,情報を発信した側には大きな責任を伴うことを知り,話し合いながらネットでのコミュニケーションへの理解を深めることができました。また,情報を活用する際のルールやマナーを知り,ネット社会に潜む危険について気付くことができました。

児童たちは,改めて自分のこれまでの情報を利用する際のルールやマナーについて振り返り,今後のよりよい利用の仕方について考えを巡らせていました。