7月9日の土曜日授業では,社会科の「室町文化を体験しよう」の学習で,その時代を代表する「墨絵」「茶の湯」「生け花」の3つの伝統文化を体験しました。
「墨絵」では,色の濃淡で表現できる素晴らしさ,白が表現するものを想像しながら描く楽しさをご講話いただきました。児童たちは自分の習字道具を用いて,松や竹,龍などの絵を描きました。「茶の湯」では,礼儀作法に始まり,茶をたてて飲むところまで一通り体験しました。一つ一つの作法の意味や,茶をたてて心を落ち着かせる武士の文化について理解を深めることができました。「生け花」では,草月流の基本的な生け方を教えていただき,それをもとに児童たちの個性を出しながら,素敵な作品を仕上げることができました。
初めて体験することに向かって,児童たちの表情はとてもきらきら輝いていました。児童たちはこの体験を通して,何百年もの間受け継がれ現代に残る室町文化のよさに気付くことができました。また,日本の伝統文化への興味を深め,次の学習への意欲を高めることができました。