12月19日土曜日に,第6学年では,つくばスタイル科キャリア単元「広げよう!夢・希望」の学習として,職業人の仕事のやりがいや生き方について学び,自分の生き方について考えを深めるという目的で「職業人から話を聞き,生き方を学ぼう」を行いました。
1時間目は,南極出前講座を受けました。つくば市役所に勤務する塚本さんから,第55次南極地域観測隊の一員として一年間南極で過ごした話を聞いたり,実験を行ったりしました。
2,3時間目は,6年生の保護者6人の方に,各教室で自分の仕事についてプレゼンテーションをしていただきました。子供たちは,大変興味を持って保護者の話を聞いていました。会社経営をしている保護者は,「仕事って楽しいですか?」という児童の質問に,「楽しいと思えるようにと心がけている。自分が仕事を楽しまなくては」と答えている様子が印象的でした。その他,「仕事にはコミュニケーションが大切だ」という医師の方,「一生勉強である。仕事について終わりではない。仕事に就いても常に自分を磨き続けるため勉強する」「自分の仕事が社会の役になっている。それがやりがいにつながります」と仕事に対する考え方や姿勢など知ることができ,貴重な学習になりました。
あと3ヶ月で東小を巣立とうとしている6年生にとって,大変有意義な時間でした。今後の自分たの生き方に生かしていきたいと,話している児童がたくさんいました。