11月4日(水)本年度も筑波大学との連携で,東小学校の3年生・6年生を対象にハンドボールの授業が始まりました。筑波大学名誉教授の大西先生,筑波大学の大学院生のご指導のもと,力いっぱい体を動かしながら楽しく学習することができました。

ウォーミングアップでは,その場で足踏みをしながらタイミング良くパスしたり,スキップやサイドステップなどの動きを取り入れてパスしたりしました。次に,ドリブルやシュートの練習を行いました。細かいルールやその場の動きなどを確認しながら,真剣に練習に取り組みました。最後は,グループを組んで試合形式の練習に取り組みました。最初は,動きがぎこちなかった児童も,勝手が分かると積極的に動き始め,仲間でボールをパスし積極的にゴールを狙っていきました。

授業を終えて,児童からは「本当に楽しかった。またすぐに試合したい。」「試合に負けて悔しかった。練習して次は勝ちたい。」という声が聞かれました。筑波大学との連携の授業を通して,ハンドボールのもつ魅力と競技の楽しさに気付き,次の学習に意欲を高めていました。