11月6日,7日に茨城県立中央青年自然の家で宿泊学習を行いました。

 1日目の山ビンゴやウォークラリーでは,急な斜面を登り降りしたり,険しい山道の中を歩いたりするのは大変なようでしたが,グループのメンバーと手を取り合い,助け合いながら活動する姿が見られ,「仲間と協力し,ゴールできてうれしかった」や「協力することの大切がわかった」と振り返っていました。夜のキャンプファイヤーは,雨のためキャンドルサービスとなりましたが,厳粛な雰囲気の中,子どもたちはキャンドルの灯火を見つめていました。5年生全員で楽しく踊ったマイムマイムは,大切な思い出となったようです。

 2日目のカレー作りでは,お米をとぎ,野菜を切り,かまどに火をおこして分担しながら作っていました。食べている子どもたちからは,「おいしい!!」という声が次から次へと聞こえてきました。また,「友達と一生懸命作ったカレーは格別だった」という感想からも,子どもたちは自分たちが作ったカレーに大満足しているのが分かりました。

 この宿泊学習を通して,子どもたちは協力することの大切さや仲間を思いやる気持ちをより一層育むことができました。また,「決まりを守ることが集団生活をする中でとても大切だということが分かった」という振り返りからも,学びの多い宿泊学習になったのだと思います。今回学んだことを生かし,これからも5年生一同力を合わせて頑張っていきたいと思います。