9年生 ミニ保健指導

今日の朝,保健委員会の9年生が各クラスで歯肉炎についての保健指導を行いました。

思春期は「第二次性徴期」といわれるように,ホルモンが大きく変化する時期で,このホルモンの変化,特に女性ホルモンに反応して,ちょっとしたことでも,歯肉が炎症を起こしやすくなったり,炎症が強く出たりします。

保健だよりにも載せましたが,本校では14.1%の生徒に歯肉の炎症が見られました。

今日の保健委員さんの話を生かして,歯肉炎の予防をしましょう。