9月も2週間が過ぎようとしています。日本語教室に通う子どもたちに,夏休みの様子を尋ねてみると,「かき氷を食べたよ。」「お祭りに行ったよ。」「海に3回も入っちゃった。」など,自国では味わえない日本での経験を,知っている日本語を駆使してうれしそうに話してくれました。そして,子どもたちの経験を通して獲得した語彙の豊富さに大変驚かされました。また,友達との再会がうれしく,この2週間,一緒に遊びながら,さらに言葉を吸収しています。様々な経験を通して,さらに語彙が豊かになってくれるといいなと思います。