2日目は,6時に起床しました。設営したテントをひっくり返し,底面部を乾かします。乾燥後,テントを解体し袋に入れました。6時30分からはラジオ体操を行いました。その後は朝食です。パンにバナナに,ジュースをいただきました。今回の防災キャンプの特色は,トイレの水を流す際に,プールの水をバケツにくみ置き、それを流すということです。実際に災害にあいインフラが使えないと想定した上で,取り組みました。朝食後は,恒例のスイカ割りをしました。縦割り班ごとに,チャレンジしました。きれいに割れるとあちこちからおおきな歓声が聞こえました。最後に,体育館で解散式を行いました。その後,6~8年生はリーダー研修会を行いました。リーダーとはどんな存在なのかについて話し合いました。こうして1泊2日にわたるAZUMA学園防災キャンプは幕を閉じました。
 保護者のみなさまや地域の方々にはたくさんのご支援・ご協力を頂きました。ありがとうございまいた。