平成26年1月18日(土),恒例の「つくば市立環境かるた大会」が,市庁舎2階にて開催されました。

今年は,春日学園,つくば紫峰学園の中学生が審判や進行役,リーグ戦の集計などをつとめてくれました。開会式の中学生代表あいさつでは,自身も小学生のときに出場した経験から,「ぜひ,身近なところから環境を考えて,できることを実践してほしい。また,この機会に他校の友だちを作ってほしい」と話してくれました。

予選は,36校が8つのリーグに分かれて戦います。これまでは,各リーグの1位のみが決勝に進みましたが,今年は2位まで,16チームが決勝進出します。どのリーグも白熱した戦いが繰り広げられました。

   

 

決勝トーナメントでも,どこが勝ってもおかしくないほどの僅差の試合が多く,張り詰めた空気のなか,観客席も選手たちと同様,緊張した様子が見られました。

 激戦を制した優勝校は,つくば紫峰学園筑波小の6年生。おめでとうございました。

 

  

おしくも敗れたチームのなかには5年生チームもあり,はやくも来年のリベンジを宣言するところもありました。

 

 

決勝トーナメントの結果は以下の図のとおりです。

クリックすると大きな画像でごらんいただけます。