大会概要

つくば市では,2020年度必修となるプログラミング教育,来年度より実施される小学校外国語(英語)科,21世紀型スキルを育む電子黒板を使ったプレゼンテーションを先駆けて実施してまいりました。この度,その成果を公開いたします。
また,当日は,文部科学省や有識者による講演や実践発表,さらには,プログラミング学習を実際に体験できるコーナーを計画しております。
ぜひ,来場いただき2020年代の学びを体験していただけましたら幸いです。

日 時平成29年11月21日(火)9:30~17:00(受付9:00)
指 定つくば市市制施行30 周年記念事業
平成29年度 文部科学省「次世代の教育情報化推進事業」
       情報活用能力の育成等に関する実践的調査研究IEスクール(プログラミング)
eスクール ステップアップ・キャンプ認定研修会
全国初!日本教育工学協会「市内全小中学校情報化優良校」「先進地域」
日本ICT教育アワード2016「文部科学大臣賞」授賞
総務省「地域活性化大賞2016」「奨励賞」授賞
会 場つくばカピオ
主 催つくば市・つくば市教育委員会
共 催全国ICT教育首長協議会,一般財団法人日本視聴覚教育協会
後 援文部科学省・総務省・経済産業省・茨城県教育委員会・日本視聴覚教具連合会・一般社団法人ICT CONNECT21・未来の学びコンソーシアム


 

つくばカピオ ホール

9:00 - 受付
9:30 -10:40第1回つくば市チーム弁論大会
  • 中学生3人組が課題を考え,話し合い,合議が得られた内容を発言者が発表。発表後,聴衆者からの質問に対して回答者が回答するコンテスト。
10:40-12:00第15回全国小中学生によるつくば市プレゼンテーションコンテスト

  • プログラミング部門,学習成果部門,外国語(英語)部門。

  • 児童生徒による,問題解決学習の成果としての電子黒板を使った大人顔負けのプレゼンテーション。プログラミング部門は,児童生徒が自分でプログラミングした内容を発表。

  • どの部門とも市外の参加者募集中。

12:00-12:15表彰式,記念撮影
12:15-12:50昼食・ICT機器展示見学
12:50-13:00プログラミング学習のプレゼンテーション NEW!
13:00-13:40開会行事「2020年代の学びを変える先進的ICT教育研究大会」

  • 主催者あいさつ

  • 来賓(予定)文部科学省,総務省,経済産業省 他

13:40-14:10基調講演 (仮題)「2020年代教育の情報化の動向」
文部科学省 初等中等教育局視学官
  同   生涯学習政策局 情報教育課 情報教育振興室長 安彦 広斉 氏

2020年以降の新学習指導要領におけるICT活用や情報活用能力,プログラミング教育など文部科学省の教育の情報化について解説。
14:20-14:50講演1「来年度必修化小学校外国語(英語)科におけるICTの活用」
宇都宮大学 准教授 山野 有紀 氏

来年度から必修化される小学校外国語(英語)科のカリキュラムの解説や英語が苦手な先生方のためにICTを活用した実践方法など具体的な例を紹介。
15:00-15:30講演2 「プログラミング教育どうすればいいの」
東京工業大学名誉教授 ICT CONNECT21会長 赤堀侃司 氏

プログラミング教育が始まった経緯,プログラミング教育とはどのようなものなのか,それを現場ではどのように取り組んでいけばよいのかをわかりやすく解説。
15:30-17:00シンポジウム 「未来の子供たちのためのICT・プログラミング教育」

文部科学省・総務省・経済産業省官民コンソーシアム「未来の学びコンソーシアム」と全国ICT教育首長協議会による未来のICT教育を考えるコラボ企画。

コーディネーター 東京工業大学名誉教授 赤堀侃司 氏
パネラー:(予定)文部科学省,総務省,経済産業省,全国ICT教育首長協議会 他

 

つくばカピオ アリーナ

9:35-10:15プログラミング・コンテンツ体験2 先生方が楽しく学べます。(申込予約制)
1-(1) プログラミング教材「レゴ・マインドストーム EV3」を体験してみよう!
1-(2) プログラミング教材アーティックロボ/身近な題材でプログラミング体験!
1-(3) 合理的配慮など1人1人に対応した学びを実現するインタラクティブスタディを体験しよう
1-(4) 気づきへ導くプログラミング体験!「電気の利用」WeDoセットのご紹介
10:20-10:50先進的ICT・プログラミング教育 実践事例1(自由席)

1-A 「小学校算数でのプログラミング教育の取り組み」
新学習指導要領で必修となる小学校算数におけるプログラミング教育について,文部科学省の解説や今秋より全小学校算数でプログラミングを実践する相模原市の事例を紹介。

1-B 「主体的・対話的で深い学びにおけるICT活用」
新学習指導要領のキーワード「主体的・対話的で深い学び」を実現するために,ICTを活用して学習方法の改善に取り組んでいる実践例を紹介。
10:55-11:35プログラミング・コンテンツ体験2 先生方が楽しく学べます。(申込予約制)
2-(1) プログラミング教材「レゴ・マインドストーム EV3」を体験してみよう!
2-(2) 小中学生に大人気 マインクラフト教育版のプログラミング学習機能体験
2-(3) 小型携帯ロボットRoBoHoNをScratchでプログラミングしてみよう
2-(4) 学習者用国語デジタル教科書を使った主体的・対話的な学びを体験しよう
11:40-12:10先進的ICT・プログラミング教育 実践事例2(自由席)

2-A 「「プログラミング的思考とプログラミング教育」
新学習指導要領で必修となるプログラミング教育について,「プログラミング的思考」と「プログラミング教育」の様々な事例を紹介。
2-B 「プログラミング的思考を育む小学校音楽プログラミング学習」
小学校音楽での創作活動におけるプログラミング教育について,実施に至るまでの教員による計画・準備・実践・子供の変容などつくば市内の取り組みを紹介。
12:10-13:50昼食・ICT機器展示見学
14:00-14:40プログラミング・コンテンツ体験3 先生方が楽しく学べます。(申込予約制)
3-(1) 小学校英語・学級担任サポートプログラム「SWITCH ON !」
3-(2) 小中学生に大人気 マインクラフト教育版のプログラミング学習機能体験
3-(3) 主体的・対話的で深い学びを実現するデジタル思考ツール(スタディノート)を体験しよう
3-(4) 歌づくりから触れるプログラミング的思考(ボーカロイド教育版の体験)
14:50-15:20先進的ICT・プログラミング教育 実践事例3(自由席)

3-A 「これならできる小学校6年間系統的なプログラミング学習のあり方」
つくば市の考えるプログラミング的思考や系統的なプログラミング学習のあり方,アンプラグドコンピューティングの導入について宇都宮大学 教授 久保田善彦 氏が解説。

3-B 「21世紀型スキルの育成や特別支援教育におけるICT・プログラミングを活用した教育」
現代教育の課題を解決するために先進的ICTを活用して取り組むMicrosoft Innovative Educator Expertsを授賞した教員による実践発表。
15:30-16:10プログラミング・コンテンツ体験4 先生方が楽しく学べます。(申込予約制)
4-(1) 防災教育アプリの体験的実験~タブレットを使ったeラーニングシステム~
4-(2) 英国で100万人以上が利用 micro:bit プログラミング体験
4-(3) 今から小学校英語の教科化の準備ができる!~モジュール105デジタルコンテンツ~
4-(4) 【メタモジ】手書きで直感的に使える授業支援アプリを体験しよう!
16:20-16:50先進的ICT・プログラミング教育 実践事例4(自由席)

4-A 「カリキュラムマネジメントで成功するプログラミング学習(つくば市全学園の取組に向けて)」
プログラミング学習にはなぜカリキュラムマネジメントが必要なのかを,つくば市のこれまでのプログラミング学習の実践をもとに紹介。

4-B 「誰でもできる小学校外国語科でのICT活用の実践」
来年度必修化される小学校外国語(英語)科。平成24年度より小学校1年生から行っている外国語活動の実践をもとに英語が専門でない先生方でも取り組める実践を紹介。