全国プレゼンテーション大会の開催

14年前から行われている「つくば市プレゼンテーションコンテスト」は,教育日本一を目指すつくば市が全国で先駆けて導入した電子黒板を使って,児童生徒が特色ある教育活動をプレゼンテーションするものです。内容は,つくばスタイル科で学習した成果発表とし,4C学習【Community(協働力),Communication(言語力),Cognition(思考・判断力),Comprehension( 知識理解力)】がいかに向上したかを競います。

平成25 年度からは,新教科「つくばスタイル科」のカリキュラムの中に,電子黒板を活用したプレゼンテーションも取り入れ,ますます成果も上がってきました。平成26年度からは外国語部門,平成27年度には学習成果部門を新設し,各教科での21 世紀型スキルの育成を図っています。

今大会では,茨城県古河市,京都府立命館小学校の小中学生の参加で,より拡大したプレゼンテーション大会を開催いたします。

27年度つくば市プレゼンテーションコンテスト決勝大会出場作品はこちら

You May Also Like